カルロス・アルカラス、全米オープン準決勝進出を決める

第1シードのカルロス・アルバラスが、水曜日の夜、アレクサンダー・ズベレフをストレートで破り、全米オープンの準決勝進出を決めました。アルバラスは現在の大会覇者であり、久しぶりの連覇を狙っています。2007年から2008年にかけてのロジャー・フェデラー以来、連覇を達成した選手はいませんでした

アルバラスはストレートでの勝利を収めましたが、試合は彼の計画通りにはスタートしませんでした。第1セットでは、3-オールからズベレフがアルバラスのサーブをブレークし、リードを奪いました。しかし、アルバラスはすべてのブレークを阻止し、その後はズベレフのサービスをブレークし、完全に主導権を握りました。結局、スペインの才能ある選手は6-3、6-2、6-4のスコアで楽勝し、試合を締めくくりました。

なお、ドイツのズベレフは2日前の4回戦でヤニク・シナーと4時間41分の長丁場の試合を戦っており、その対戦の影響を引きずっていた可能性があります。

アルバラスは今週末の準決勝で、第3シードのダニール・メドベージェフと対戦することになります。メドベージェフは準々決勝で、幼なじみのアンドレイ・ルブレフを6-4、6-3、6-4のストレートで下しました。このロシアの選手は、2021年にこの大会で優勝した経験を持つアルバラスにとって、今大会で最も手ごわい相手となるでしょう。

一方、もう一つのブラケットでは、ノバク・ジョコビッチが週明けにアメリカのテイラー・フリッツを破り、男子グランドスラム史上最多となる47度目の準決勝進出を果たしました。ジョコビッチはこれで、全米オープンの準々決勝では13連勝し、完璧な戦績を維持しています。この36歳の選手は、1991年のジミー・コナーズ(39歳)以来の最年長準決勝進出者となりました。

ジョコビッチはアーサー・アッシュ・スタジアムで行われた準々決勝を6-1、6-4、6-4のストレートで制し、準決勝では同じくアメリカ人のベン・シェルトンと対戦することになります。ジョコビッチは、自身の24番目のグランドスラム・タイトル獲得を目指しています。

まだ20歳の若いアメリカ人選手、ベン・シェルトンは、フランシス・ティアフォーを6-2、3-6、7-6(7)、6-2の接戦の末に下し、自身初のグランドスラム準決勝進出を果たしました。シェルトンはトップシードでこの大会に出場しましたが、トップランカーと互角に戦えることを証明しました。ジョコビッチにとって、シェルトンはこれまでで最も厳しいテストになるでしょう。

女子シングルスでは、2人のアメリカ人選手が準決勝進出を果たしました。ココ・ガウフはカロリーナ・ムチョバとの準決勝で、マディソン・キーズは世界ランキング2位のアリナ・サバレンカとの対戦が待っています。

ガウフは準々決勝でイェレナ・オスタペンコを6-0、6-2のストレートで圧倒しました。19歳のガウフは、グランドスラムの初優勝の好機を手にしていますが、その前に第5シードのソアラナ・チルステアを6-0、6-3で破ったカロリーナ・ムチョバを倒さなければなりません。

マディソン・キーズは、ウィンブルドンの現チャンピオンであるマルケタ・ボンドルソワを6-1、6-4で破り、水曜日に行われた準決勝に進出しました。キーズは2017年の全米オープンで決勝に進出したことがありますが、同じアメリカのスローン・スティーブンスに敗れています。彼女が今年の決勝に進むには、第2シードのアリナ・サバレンカを上回る必要があります。

酷暑に苦しむ選手たち

ニューヨークで開催されている今年の全米オープンでは、高温と湿度が一部の選手にとって悩みの種となっています。気温は最高で摂氏34度に達し、高い湿度のためにさらに暑さを感じさせます。この傾向が続くと、大会終盤では技術だけでなく体力も試されることになるでしょう。

全米オープン準決勝日程

女子シングルスの準決勝は、9月7日に始まります。ココ・ガウフ対カロリーナ・ムチョバの試合は、日本時間午後11時に開始されます。第2試合、マディソン・キーズ対アリナ・サバレンカの試合は、日本時間9月7日午前12時15分に始まります。

男子の準決勝は9月8日(金)に行われます。正確な試合時間はまだ発表されていません。

準決勝の勝者は、男子決勝が9月10日(日)、女子決勝が9月9日(土)に行われるでしょう。

随時更新されるサッカー最新情報をもとにスポーツベッティングにトライするなら本サイトのスポーツベッティングガイドおすすめブックメーカーアプリをチェック!